保険とはどんな仕組み?

生命保険とは自分と家族の将来の生活を守るための大事な備えです。
現在、日本の約9割の世帯が何らかの形で生命保険を契約しています。

将来の夢や目標を断念しないために

将来に万が一のことがあっても生命保険があれば、お金に関して安心できるように必要です。
それぞれ細かくなくても、おおざっぱなライフプランやかなえたい目標、夢があると思います。

もしかしたら近い将来に、結婚を考えているひともいるかもしれません。
一人ではあまり気にならなかったけど、結婚して愛する人や守るべき家族が増えれば、いろいろ考えることになります。
簡単に言うと責任となりますが、それ以外にも具体的に家を建てたい、子供の教育費、将来は海外でリタイアなんて思い描いているかもしれません。

家の購入には、頭金だけで1000万円近く必要ですし、当然頭金だけではないので、それ以上のお金の準備が必要です。
ほとんどの人が家の購入に住宅ローンを使うと思いますが、その後、何十年とローンの返済もあります。

また、子ども一人を育てるには、公立高校・国立大学に進学した場合でもよく1億円ほどかかると言われていて、一生懸命働いて貯蓄をしています。

しかし突然、病気やケガで長期入院をしたり、また、家族が亡くなるようなことになれば、入院費やなどのリスクによる経済的な負担をおわなければなりません。
そのようなことがあると一瞬にして目標や夢を断念せざるを得ないことがあります。
貯めていたお金は、医療費やその後の生活費にまわされることになるからです。

生命保険は、家族や自分が安定した生活が送れるよう、保障してくれるものなのです。

生命保険の仕組みは

一度はそもそも生命保険とは何なのかをしっかり考えて本当に必要なものだけを
契約するようにしましょう。

生命保険の仕組みは契約した大勢の人による「相互扶助」によって成り立っています。
相互扶助とは契約した大勢の人が公平に保険料を負担しあうことで、
いざというときに給付を受けられるというものです。

現在は健康で普通に生活していても突然に病気や怪我、死亡などのリスクが潜んでいます。
また、自分だけではなく家族にとっても予期していない病気や怪我、死亡や介護などで
経済的に生活が困難になったりして、
将来的に計画しているとおりに生活が送れなくなる可能性があります。

いつ起こるかわからないけど、それに備えておくのが生命保険の目的なのです。
生命保険は将来に必要となる資金を必要な時期や目的に合わせて
準備する手段としても利用することが出来ます。

生命保険とは将来の自分や家族を経済的に守る「生活保障」の備えですので、
本当に自分や家族に必要な保障を選んで契約することが大切です。

ただ、保障だけを考えて契約すると保険料が高くなっていきますので、
保障内容と保険料のバランスを考えましょう。
それには生命保険の正しい知識を身につけ、上手に活用しましょう。