保障内容の変更と方法

保険は加入時に必要な保障をよく考えたとしても、
年齢や環境などが変化するので、必要な保障が変化します。

たとえば独身で新社会人になったばかりで加入した保険の保障は
その後、結婚した場合に必要な保障なのかというと違う場合があります。

また、子供が生まれた利した場合でも必要な保障は変わってきます。

保険とは自分や家族を様々なリスクから長期間守るための保障ですので、
一度よく考えて必要だと思い、選んだ保障であっても生活の状況に合わせて見直していくことが必要です。

保険の保障内容を変更するにはいろいろな方法があり、
自分にあった変更方法を選びましょう。

保障内容の変更

現在加入している保険の保障内容の変更を考える前に、やっておいたほうがいいことがあります。
それは契約している保険の内容を再確認することです。

契約内容を再確認するには、保険証券、ご契約のしおり、生命保険会社からの通知(契約内容のお知らせ)などで確認することができます。

中でも重要なのは保険証券で、基本的な契約内容がすべて記載されています。

保障金額を増やしたい場合の方法
  • 追加契約をする
  • 死亡保障に備える特約の中途付加する
  • 転換制度を使う
保険の種類を変えたい
  • 転換制度を使う
保障の範囲を変えたい
  • 追加契約をする
  • 病気やケガに備える特約の中途付加する
  • 転換制度を使う
保障を小さくしたい
  • 保険金の減額する
  • 特約の解約をする