生命保険の必要保障額の出し方

遺族の生活保障に必要となる保障額は、次のように算出します。

必要保障額=末子が22歳になるまでの年数×生活費
+末子が22歳になってから配偶者の平均 余命、或いは年金受給年齢までの年数×生活費
+ライフイベント費用(教育費、車を買う、ローンなど)
-「遺族年金・配偶者の収入・貯金で準備できる部分・退職金や弔い金」

今後の生活費のうち基本生活費について

子どもが独立するまでの期間とその後の妻が平均余命に達するまでの期間(あるいは妻が年金もらえる年齢)に分けて考えます。
生活費は、子どもが独立するまでの期間は現時点の生活費70%割、その後の期間は現時点の生活費の50%を見込む方法になります。

この生活費に加えて、子どもの教育資金や車の購入などライフイベント費用を加算していきます。
持ち家か賃貸かによって大きく異なる住居費、また持ち家の維持費用費などです。
持ち家の場合は、住宅ローンの残債があるときでも、通常は団体信用生命保険(いわゆる団信)で返済不要になる部分に関しては、上記の式から除くことができます。

今後の収入

今後の収入はどういうものがあるのか、その合計は以下になります。

  • 遺族年金が受給できるかどうかを確認します。
  • 会社からの死亡退職金や弔慰金等が受け取れるかどうか確認します。
  • 預貯金等の金融資産の残高を確認します。
  • 妻の収入状況に変化がないかどうか確認します。

以上の収入額合計を、今後の生活費合計から差し引いた残額が死亡保険金で準備すべき必要保障額となるわけです。