老後の生活費はいくら?

老後の生活に必要な費用は夫婦2人で世帯当たり、月々平均で約23万2,000円だそうです。
夫婦2人だけでも1年間で約278万円になるので意外と生活費はかかります。

老後では引退をして収入がなくなってから、毎月で約23万円、年間で278万円の出費になるのです。
もらえるはずの年金がだんだん減っている現状で老後は公的年金や退職金だけで生活するのは難しいかもしれません。

日常生活の最低出費以外に必要と考えられる金額は平均15.1万円となっていて、
「最低日常生活費」と「ゆとりのための上乗せ額」を合計して
生活だけではなく、趣味などをふくめてゆとりある老後の生活費は平均38.3万円となっています。

ゆとりのための上乗せ額の内容は、「旅行やレジャー」がもっとも高くて「趣味や教養」「身内とのつきあい」と続いています。

やはり今まで一生懸命仕事をして、退職をしたら好きなことをゆっくりのんびりとしたいですよね。
孫にもこづかいくらいはあげたいですし・・・
そうなると「ゆとりある老後生活費」がさらに増えることになります。

老後なんてまだまだ先のことと思わないで、
今からしっかりと計画的に備えておくと安心できると思います。